キッチン整理収納1*スッキリ!片付くこの手順

さて、約8か月にわたってお送りしてきました「キッチン」シリーズ…。
今回が最終章!
キッチンの整理収納について、
「整理収納アドバイザー2級」
「整理収納アドバイザー1級予備講座」
で学んだことをもとに、私なりに考えてみました~☆
順を追って、ご紹介していきたいと思います。
キッチン.jpg
時間が無くてなかなか片付けられない…という方も、
お片付けは苦手…という方も、
キッチンがモノで溢れている…なんていう方も、
「一日一か所」でも良いので、まずは少しずつ始めてみてくださいネ!
皆さんのキッチン収納のご参考になりましたら幸いです!
参考図書:

整理収納アドバイザー公式テキスト 一番わかりやすい整理入門 【第3版】

私なりにキッチン収納にアレンジしてみました…

キッチン整理収納の手順

 適正量を考える
① 全部取り出す。⇒不要なモノは処分する。
② 保管しておくべき適切な「量」を決定する。
 グルーピング(分類する)
③ 使用する用途別に分類する。
④ 使用する割合別に分類する。
 定位置を決めて、収納
⑤ 常に「戻す」収納場所=定位置を決定する。
⑥ 「収納のカタチ」を考えて、収納する。

となると思います。
本日は 適正量を考える
について、みていきたいと思います。
あなたのキッチンにとっての、「必要量」ってどれくらい?
① 全部取り出す。⇒不要なモノは処分する。
整理を始める前に、こちょこちょと見ていないで、
チラシの上などにドバっと出してみる…
すると、奥の方なんかには、「えーこんなのまだあったんだ」
…みたいのが出てくる出てくる…
「見えないんだから、ま、いいか」って思いがちですが
こういう「見えないところに溜まっているいらないモノ」って
実は運気の負担になっているんですヨ!
ともかく
❌ 長く使っていないもの
❌ 欠けているもの
❌ 汚れているもの
❌ 壊れているもの…
これらは処分が正解!です!!
② 保管しておくべき適切な「量」を決定する。

整理収納講座では、「適正量を考える」と教えられました。
③「使用する割合」 や
④「使用する用途」 からも、必要量というのが見えてくると思います。
たとえば、
③「使用する割合」が
多いものでしたら多少数が多めに持っていても良いでしょうし、
少ないものでしたらそれほど数も多くなくて良いでしょう。
④「使用する用途」別に考えて、
同じ用途のものは一つか二つあればよい、とも言えるでしょう。
プラス収められる「収納スペース」も考慮に入れ、
必要量をはじき出す、ということですね。
「えーでもーまだ使うかもしれないしー」と思う時も多いですが、
季節ものであるとしても、1年に1度も使っていない、というものは
この先も使うケースは少ない、と言えるでしょう★
このように、「我が家にとっての必要量」が決まりましたら、
次にやるべきことは、必要オーバーを「処分」すること!
続きはこちらで!!
キッチンの整理収納2*「捨てられない」はこれで解消! カンタン割り切り術☆ベスト3




「気」のバランスの取れた住まいが
貴女にいっそうの幸せがもたらされますことを願って…

ランキング参加中!
他の方のブログもどうぞ!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 風水生活へ
にほんブログ村



” rel=”noopener”>玄関の整理収納を考える その1*必要な時、さっと取り出すためのグルーピング