キッチン金運風水5*冷蔵庫内の中身を意識する

本日は、冷蔵庫のお話しです!
さあ皆さん、ここでちょっと、目をつぶって、
あなたのお家の冷蔵庫の中に、何が入っているか、
上から順番に、思い出してみて下さい。
えーとこの辺には確か…?
おおよその見当がついた方、あなたは
えーもう何が入っていたかわからない…
そんなあなたは、この週末は、冷蔵庫内の整理整頓、始めてみて下さいね!
ついつい詰め込みがちな冷蔵庫…。
冷蔵庫は詰め込みすぎると、冷蔵効率も落ちて、節電効果も低くなるそうですね。
地球のためにも、あなたの幸せのためにも、冷蔵庫はスッキリ!が一番。

ちょっと冷蔵庫がなかった時代を考えてみて下さい。
朝日新聞の昭和の時代風景を切り取るコラム、「サザエさんを探して」に
確か昔の氷屋さんの記事が載っていたことがありました。
出たばかりの冷蔵庫は、氷屋さんから大きな氷を買ってきて、
それを冷蔵庫に入れて冷やしていたんですねー。
すごいですねー。

それより昔は、例えば生ものなんて、
買ってきてすぐ食べなきゃどうしようもなかったでしょうね!
ちょっと前に見た戦争直後のドラマでは、
主人公の奥さんが、お豆腐屋さんからお豆腐をざるに入れて
川沿いの道をそろそろと歩いて帰っていました。
「湯豆腐」なんて料理も、落とさずこぼさずそろそろと家路を歩けるほどの、
奥様の愛情いっぱいでないと、食べられなかったんですねー
買ってきたものをバンバン詰められる冷蔵庫のある現代の私たち
ありがたいですねー

さてさて現在を振り返りますと、
冷蔵庫には一週間、一か月そのままにしておいても
食べられる食品の何と多いこと!
それは真空パックなどの保存技術の向上にもよりますが、
「腐らない」食べ物が増えたためでもありますねー。

マクロビオティックには、
「腐る食べ物を腐る前に食べる」という考え方があります。

地球上の生物が持っている「気」というものは、
「いのち」の代名詞でもあると思います。

季節に四季の循環があるのと同じで、
いのちにも「新しく生まれる」そして「年老いて死んでいく」という循環があります。

できればできるだけ、「生まれたばかりの若々しい気」に満ち溢れた、
「フレッシュな気」を身体に取り込みたいもの。

でもそれは、
やがては「古くなる」「年老いて行く」「腐ってゆく」ことが前提になっています。
後進に「道を譲ること」が地球の生命の「循環」の基本だからです。

ですから、できるだけ、「いのち」の内包された食材、
少しでもそこに「自然の気」が残っている食材を選んで、食べていきたいもの。

「腐る物を腐る前に」食べる

を心掛けていきたいですねー

さてそのためにも、
冷蔵庫内にはいつも「フレッシュな」食べ物が
”消費可能分”入っていることが理想ですね。

すると自然に、
健康にも良いお食事!
そして
スッキリ冷蔵庫!
の一石二鳥が狙えるのではないでしょうか?

料理を作る時も、翌日位には食べきれる量のみ作る、
調味料も、家族の人数に合わせ、
開封後そんなに時間のたたないうちに使い切れるサイズのものを選んで買ってくる…。

風水でも、
「生気」のあるものが重要視されます。

ですので食材が古くなるほど、それの持つ「気」も落ちてゆきます。

つまり私たち自身の「気」も
日々摂取する食材の「気」によって、左右されるわけです。

冷蔵庫内がフレッシュ!であれば、庫内いっぱいに「新鮮な気」が溢れ、
そこに保管された食材で作る料理を食べる私たちにも「新鮮な気」が補充され、
それが私たちの身心の健康を創り、
それによって、明日の私たちの「運気」が開けてゆくのですねー!!

英語のことわざで、
“What you eat,what you are.”
というものがありますが、つまり
「今日のわたしは、昨日食べた物からできている。」
そして、
「明日の私の運気は、スッキリ冷蔵庫から作られる」

さあ少しでも共感頂けました方は、
冷蔵庫内の「賞味期限キレ」早速処分して
「買い過ぎ」に気を付けてみてくださいませね☆




「気」のバランスの整った住まいが
貴女にいっそうの幸せをもたらすことを願って…


ランキング参加中!
↓ポチ頂けると励みになります!
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 風水生活へ にほんブログ村
↑他の方のブログもご参考になります。


この記事が気に入ったら
いいね ! してね☆

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket