キッチン金運風水9*重曹とクエン酸を使って・・・シンク排水口の楽ちんナチュラルお掃除ハウツー

今日はキッチンのシンクについて考えていきたいと思います。
シンクはキッチンの中で代表的な「水の気」を発する場所。
水の精を「ウンディーネ」というそうです。
彼女がいつもキレイな水を補給してくれるような、
キレイなシンクにしておきたいですネ
風水では「水の気」は「金の気」を増やす大切な要素なのです。
シンクの汚れは金運の低下に直結します。
水回りをいつも清潔に保ちましょう!
特に三角コーナーを使っている方は、生ごみはこまめに処分し、
いつもキレイにしておきましょう!ヌルつきや臭いは厳禁です!
特に「三角」という鋭利な角のある形を風水では良しとしません。
我が家では三角コーナーは置かず、
流しの排水口のごみ受けに流して処分しています。
もちろんその前に、野菜の皮や切れ端などは、切る度に都度まな板から直接ビニール袋へ。
濡れていないのでささっと片付けられます。
調理が終わったらしっかり結んでそのままゴミ箱へ。
見苦しいものがキッチンに残らないので、気持ち良いですよ!
排水口の方は洗い物などで出た汚れがそのまま流れ込みますので、
できるだけこまめに中のステンレスかごを取り出して、
メラミンスポンジなどでこすってから洗い流しています。
中に入れる網も、ストッキングタイプの、できるだけ水はけの良いものを選び、
水がたまることのないように注意しています。
「たまった水」=厄のたまり場。
そこから発生する気は、金運も大幅にダウンさせてしまいます。
また匂いも注意!
キッチンの金運は悪臭が大嫌いです!
シンクのウンディーネもどこかに立ち去ってしまいますよ!
そこで今日は、重曹とクエン酸を使った、排水口のお掃除について、
ご紹介したいと思います
排水口のお掃除
① 計量カップなどに、重曹を100gほど計っておきます。

② 排水口のフタ、ステンレスかご、
その下の穴にかぶさっているプラスチックを取り出します。
③ やかんに200mlほどのお湯をわかします。
④ ①の重曹をなるべく排水口のパイプの中へ入るように振り掛けます。

⑤ 空いた軽量カップに、今度はクエン酸小さじ1杯を入れ、
③で沸騰したお湯を注ぎます。
計量カップを軽く回して、溶かします。

⑥ ⑤を排水口に流し込みます。

すぐにシュワーッと泡が立ち上ってきます。

この酸とアルカリの反応して発生する泡が、汚れのすみずみまで浸透してくれます。
除菌、消臭効果があります。
⑦ 一時間くらいそのまま放置しておきます。
⑧ 大き目のやかんにいっぱいのお湯を沸かし、沸騰したら、
シュッシュと言っているものを排水口に注ぎ入れます。
とってもスッキリ!さっぱりした感じになりますヨ!!

シンク周りのお掃除
蛇口の根元などは、水垢がたまりやすいところ。
水垢に効果が高いクエン酸を使いましょう!
クエン酸を溶かした水をスプレーしてしばらく置き、
スポンジで擦って洗い流すと、ヌメリも取れてキレイになります。
ただし酸が残らないようにしっかり洗い流してくださいね!
シンクの中は毎日一回は、洗い物の後にでも、
ささっとメラミンスポンジでお掃除しています。
メラミンスポンジをステンレスに使って良いのか?…と不安だったのですが、
ものの「固さ」を表すモース硬度という指標があり、
それによるとメラミンスポンジは4-5、ステンレスは5-6なので、
傷がつくことはないようです。
ただし必ず水で濡らしてから使用する必要があります。
(シンクにコーティングがしてある場合はお使いになれません。)
ただステンレスには目地があるらしく、
ぐるぐる円を書くように動かすのでなく、一定方向に動かす方が良いようです。
ステンレスには空気と反応して自然とさびを防ぐ膜が出来るようです。
この膜は塩分に弱い様なので、
お鍋の残り物やお醤油など塩分の多い食品をこぼしてしまったら、
付着する前にすぐに洗い流しましょう。
またさびは酸化が原因ですので、油がついた時も、
放置しないようにしましょう。
油汚れには、重曹を振り掛けてから
水で濡らしたメラミンスポンジを使うと良いです。
ただ重曹が残らないように、水洗いはしっかりと。
重曹とクエン酸は、いろいろなところに安心して使えて、本当に便利!
「あ、ちょっと汚れているな」…と気が付いたら
すぐにさっと取り出して使えるように、
出し入れしやすい容器に詰め替えておくと良いですネ!




「気」のバランスの整った住まいが
貴女にいっそうの幸せをもたらすことを願って…

ランキング参加中!
↓ポチ頂けると励みになります!
にほんブログ村 インテリアブログへ
↑他の方のブログもご参考になります。


この記事が気に入ったら
いいね ! してね☆

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket